--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-01(Sat)

OracleLinuxのバージョン確認

珍しくOracleLinuxを導入する要件があったのですが
あまりこういうことを書いているところがなかったので(*・д・)φめも
基本的にはkernelがOracle独自のUEKになっているだけでRHELと変わらないらしいです。

とりあえずkernelのバージョンを確認

なるほど。


redhat-releaseを見てみる

あれ・・・ここまで一緒でいいんですか
じゃあどこでOS確認したらいいのかしら


redhat-releaseがどのパッケージに含まれているのか確認してみる

Oracleのっぽいですけどねー。なんで変えないのかしら




なんだか見慣れないものがありました。

なるほど。
そこでOS確認するアプリなどもあるから互換性を保つために残しているっていう感じなんでしょうかね。

あとはlsb_lereaseコマンドでも確認できるみたいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。